ヘンテコ野菜?!キャベツの仲間、コールラビの収穫

3月に地植えで種を蒔いていたコールラビですが、収穫の時を迎えました。種まきから約2か月半。結構早く収穫できるものです。

コールラビ、2か月半で大きくなりました。

ちなみに葉っぱには青虫が・・・ほおっておくと葉っぱが食い荒らされてしまいます。

青虫が2匹も・・・
食い荒らされた葉はこんな感じです。

無農薬で栽培しているから仕方ないところです。そう、無農薬だと葉物野菜を栽培するのはかなり大変なことがわかります。でも今回はコールラビ。葉は食い荒らされても葉から成長できるだけの養分が確保できれば株も大きくなります。

 

葉っぱをもって引っこ抜くと、それほど力を入れなくても抜けました。根は張ってますが、これは簡単。

根が張ってる・・
美味しそうなのが採れました
葉を切るとこんな感じ

キャベツの仲間ということで皮をむいて、サラダで食べてみましたが、アクもなく、とてもおいしかったです。

時間差で植えてもいましたので、まだ小さいのが成長してます。7月にはまた収穫できると思います。

まだ小さいですが成長が楽しみです。

コールラビ、西洋野菜ですが、日本でも栽培できました。栽培も簡単で味もおいしく今後もまた栽培したいと思います。

>Web菜園トライアル

 

西洋野菜の種まき(根パセリ、コールラビ、西洋大根)、岡山の地で成長できるのか?

春もだいぶ暖かくなってきて、もう霜が降りることもないかということで、今回は西洋野菜に挑戦したいと思います。

今回植え付けた種類は、根パセリ、コールラビ、黒丸大根、赤大根です。

根パセリは、葉の部分はもちろん、根の部分も食べられるとのことで1度で2度おいしい野菜です。根の部分は人参に似た食感で少し甘みもあるとのこと。楽しみです。

コールラビは、株のような形ですが、その株から葉っぱが生えているとても不思議な野菜です。原産地は地中海で、アブラナ科のキャベツの仲間です。

黒丸大根はヨーロッパ原産の黒い大根です。見た目は黒ですが、切ると果肉は白。辛味大根のような肉質とのことで、収穫が楽しみです。

赤大根。こちらは外見は赤色。でも果肉は白。サラダや酢漬け一夜漬けが最適との。

 

根パセリの種はこんな感じ↓↓です。点蒔きしました。

大根は赤白黒と3種で蒔きました。

最後に不織布をかけて水分の蒸発を防ぎます。また防鳥効果もあります。

果たして、西洋野菜、岡山の地で成長できるのか?

行く末を見守りたいと思います。