じゃがいもの収穫、少し遅くなってしまいましたが・・・

じゃがいもの収穫、少し遅くなってしまいました。
今年は雨が続き、日照不足で成長が遅い状況でした。

ご覧の通り、じゃがいもの葉は枯れてしまってますが、収穫してみました。

じゃがいもの葉は枯れてます・・
こんなにも干からびてますが・・

今年は種芋を芽を下にして植えた場合と、芽を上えにして植えた場合の現状で
比較していました。

途中経過ではそれぞれの有意な違いは見られませんでしたが、収穫結果はどうでしょうか。

結果は以下です。

じゃがいも芽を上にして植えていた場合
じゃがいも芽を下にして植えていた場合

 

どうでしょうか?
全体的に小ぶりですが、それぞれの差はあまり見られません。

今回は日照不足もあり、少し小ぶりで有意な差がみられませんでしたが、次回またチャレンジしてみたいと思います。

じゃがいもの植付け、芽が上と芽が下どちらが良い??途中経過

前回ジャガイモを植えて、約1か月程経過しました。今回は芽欠きと土寄せをします。

昨年の実験で、芽欠きの時に残す芽の数と収穫できる芋のサイズや個数を調べました。収穫の芋の大きさのバランスを考えると、芽は2本残しがよいかなと思いました。あくまでも目安です。
昨年の実験結果>>

今回、芽を2本残すようにし、不要な芽は欠いていきました。

じゃがいもの芽欠き、芽は2本残しました。

また、芽を下にして植えた場合と、芽を上えにして植えた場合の現状での違いです。茎や葉の成長に大きな差はありません。しかし、芽を下にして植えた箇所では1か所、発芽していません。

じゃがいも植付け時の様子
芽を下にして植えた場合で1か所発芽していない。。。

これでは、芽を上で植えたほうがいいのでは??と思うかもしれません。しかし、丈夫な芽のみが発芽したとも考えられます。そのため収穫量は芽を下にしたほうがいいのかもしれません。最終的な確認は収穫まで待ちたいと思います。

ちなみにじゃがいもの葉の様子は以下です。

じゃがいもの葉
虫に食われたじゃがいもの葉

無農薬で育てているので虫に食われても仕方ないですが、じゃがいもなど葉物野菜以外では大きな影響はありません。

じゃがいも、大きく成長してほしいものです。

Web菜園とは?>>

じゃがいも実験、芽が上と芽が下どちらで植え付けるほうがよい?

秋のじゃがいも植付けの時期がやってきました。昨年の「じゃがいも実験」は「芽欠きの時に残す芽の数で収穫がどう変わるか」でした。今年も懲りずに「じゃがいも実験」をしたいと思います。
今回の実験は「植付け時に芽を上にした場合と芽を下にした場合の成長の違い」です。そのために丸い芋だとどちらが上で、どちらが下かわからなくなるため、種芋を切って植付けます。もう一つの実験として、秋植えで種芋を切って植えても大きく育つかも確認できます。

予め植え付ける種芋を準備します。かなり芽が出てきていますがそちらを半分に切り、切り口を1日乾燥させておきます。もちろん土づくりも済ましておきました。

じゃがいも種芋

幅60cmの畝(うね)の中央に株間約20cm、深さ5cm程度の植え溝を掘り植え付けます。植え付けるときに、写真右側は芽が出ている側を上にして植付けます。そして左側は芽が出ている側を下にして植付けます。土を被せ水をあげて植付け作業は終了です。

右側が芽が上、左側が芽が下で植付け
芽を上に向けて植え付けたじゃがいも
芽を下に向けて植え付けたじゃがいも

芽を下にして植え付けたほうが丈夫な芋が育つのか
芽が上のほうが成長が早いのか
秋上で種芋を切って植えるとそもそも成長しないのではないか。
こんなことがわかるかと思いますが、結果はどうなるでしょうか。

 

>>Web菜園とは?

ジャガイモの収穫!芽を残した数による収穫数の結果は?

明日から雨模様とのことでジャガイモの収穫を行いました。

ジャガイモの収穫は葉っぱや茎が黄色くなりだした頃に行います。

cam05811-1

保存性をよくするためには、雨の日は避けて、晴天が少なくとも2〜3日続いた後に収穫するのがよいと言われています。今回は晴天も続きバッチリです。

今回は可愛らしいお手伝いがたくさんいます(友人とその子供達)。
ジャガイモの収穫は結構な体力を使います。とても頼もしい限りです。

cam05864-1
デジマが出てきた!
cam05878-1
アンデスレッド掘れたよ〜

 

ちなみに、芽欠きのときに残した芽の数による収穫の予想は以下でした。
・1本だけ残したほうが芋が大きくなる
・2本だけ残したほうが芋の数が多くなる
果たして結果はどうなったでしょう。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜じゃん!

結果はーーーー、

予想通りでした。

芽を1本残した方が一つの芋へ栄養がいっぱいいきます。そのため1つの芋が大きくなります。
芽を2本残しだと芋の数が多くなりますが、トータルの栄養の量は変わらないため、数が多い分一つの芋に対する栄養は1本残しよりは少なくなります。

cam05925-1
品種「ニシユタカ」
cam05921-1
品種「アンデスレッド」 左が芽が1本残し、右が2本残し
cam05883-1
品種「デジマ」 左が芽2本残し、右が芽1本残し

今回取れた芋で一番大きかったのは、芽は1本残しのニシユタカでした。写真の通り、拳大の大きさです。

cam06013-1
最大の大きさはニシユタカ、拳より大きい

バランスを考えると、芽は2本残しが良さそうです。巨大芋を作りたい時は別ですが(^^)

 

実験!ジャガイモの芽を残すのは1本?2本??

前回、ジャガイモの芽欠きをして、2本残すことにしましたが、果たして1本にしたほうが良いのでは?との問い合わせもあり、試験してみることにしました。

芽を1本残すものと2本残すものを作りました。
収穫時に芋の大きさ等を比較したいと思います。

・1本だけ残したほうが芋が大きくなるのか?
・2本だけ残したほうが芋の数が多くなるのか?
・そもそもちゃんと収穫できるのか??

どんな結果になるのでしょうか。

%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%8c%e3%81%84%e3%82%82%e4%b8%80%e6%9c%ac
芽を1本残す場合
%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%8c%e3%81%84%e3%82%82%e4%ba%8c%e6%9c%ac
芽を2本残す場合

>Web菜園とは?

 

ジャガイモの芽欠き、残すのはどれだ?(品種デジマ・ニシユタカ)

種芋の植付けから22日目、草丈が10㎝程度になったので、じゃがいも(品種デジマ、ニシユタカ)の芽欠きを行いました。

なぜ芽欠きを行うか、それは大きな芋を作るためです。
地中でできるじゃがいもの数は芽の数で決まります。
芽欠きをしないと、地中では芋(の元)がたくさんできます。
しかし、栄養分の上限は決まっているので、すべての芋(の元)に十分な栄養が行きわたらず、一つ一つが小粒になってしまいます。

折角「芽がいっぱい出てきたのに、もったいない~」って思うでしょうが、結果的には芽欠きをしないほうが収穫量が減りもったいないのです。

勢いの良い、これから伸びるであろう芽を2本残し、それ以外に伸びているものはすべて抜き取ります。このとき、気を付けなければならないのが、残す2本も合わせて抜いてしまうことです。そうならないように、残す2本の根本を手で押さえて、他の芽を抜きます。

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%a2_%e3%83%87%e3%82%b8%e3%83%9e_%e8%8a%bd%e6%ac%a0%e3%81%8d%e5%89%8d3%e6%9c%ac
芽欠き前(3本の芽)
%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%a2_%e3%83%87%e3%82%b8%e3%83%9e_%e8%8a%bd%e6%ac%a0%e3%81%8d%e5%be%8c2%e6%9c%ac
芽欠き後(2本になりました)

1本を残すことで大きい芋を作ることもできますが、そこは好みです。

最後に土寄せをして作業完了です。

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%a2_%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%83%a6%e3%82%bf%e3%82%ab_%e8%8a%bd%e6%ac%a0%e3%81%8d%e5%9c%9f%e5%af%84%e3%81%9b%e5%be%8c
最後に土寄せをして作業完了!

ちなみに、作業前はこんな感じ

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%a2_%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%83%a6%e3%82%bf%e3%82%ab_%e8%8a%bd%e6%ac%a0%e3%81%8d%e5%9c%9f%e5%af%84%e3%81%9b%e5%89%8d
芽欠き前

>Web菜園とは?

アンデスレッド発芽は遅い?デジマ、ニシユタカに遅れること1週間で発芽!

じゃがいも(品種アンデスレッド)が発芽しました。
植付けから20日目です。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%b9%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%89%e7%99%ba%e8%8a%bd
アンデスレッドの発芽の様子
%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%b9%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%89%e7%99%ba%e8%8a%bd_%e6%8b%a1%e5%a4%a7
アンデスレッドの発芽(拡大)

ちなみに、じゃがいも(品種デジマ、品種ニシユタカ)は14日目にはすでに発芽していました。アンデスレッドはそれに遅れること1週間。先週まではアンデスレッドは全滅かーとがっかりしていたのですが、単に遅かっただけですね。ホッとしました。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%b9%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%89
アンデスレッド発芽なし(9月24日の様子)
%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%83%a6%e3%82%bf%e3%82%ab
ニシユタカの発芽(9月24日の様子)
%e3%83%87%e3%82%b8%e3%83%9e%e7%99%ba%e8%8a%bd2
デジマ発芽(9月24日の様子)

次の作業は芽欠きです。一番ドキドキする作業です。なぜなら、せっかく育った芽を無理やり摘まなければならないからです。一見、芽やを摘む行為は惜しく感じますが、品質の良い野菜を収穫するには必用な作業です。

この作業については次回に報告しますね。

ジャガイモ植え付け(秋作)

今回はジャガイモを植え付けます。秋植えです。
ジャガイモの原産は中南米の高地です。そのため涼しい気候を好みます。
日本では春か秋がちょうど適しています。夏はNGです。暑すぎます。
ジャガイモは暑さに弱く、秋作で植え付けた直後には腐敗や、病害虫にかかりやすく、植え付け時期を見極める必要があります。また、収穫量は春植えより少なくなる傾向です。

これらの問題を回避するためには、秋作に合った植え付け方法や、秋植に適した品種を選ぶ必要があります。今回、暑さに強い「デジマ」「ニシユタカ」「アンデスレッド」を植えることにしました。食用で市販の芋はウィルス病を持っている可能性が高いので、種芋用として販売されている無病の種芋を購入しました。厳密に管理された環境で生産されていますので、病気にかかる可能性は少なくなります。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%b9%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%89%e7%a8%ae%e8%8a%8b
種芋(アンデスレッド)

また、植付け前に土壌の酸性度チェックしましたが、ph6.0でした。ph5.5~6.5がジャガイモ育成に適しています。ph7.0を超えるとソウカ病という病気にかかりやすくなります。石灰を撒いておいて良かった。これで安心して植え付けできます。

ph%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%af

秋作では種芋は切りません。これは切った箇所から腐敗する可能性が高く、それを防ぐためです。また、植付け時、春作と同じ間隔で植え付けてしまうと、芋が大きくなりすぎてしまいます。秋作では少し間隔を狭めて15cmくらいで植付けます。

%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%8c%e3%81%84%e3%82%82%e6%a4%8d%e4%bb%98%e3%81%91

植付け後、干し草で覆って完了です。

%e5%b9%b2%e3%81%97%e8%8d%89%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%83%81

 

ちなみに品種デジマはこちらです。無事芽が出てくれるといいのですが。

%e3%83%87%e3%82%b8%e3%83%9e

>> Web菜園とは?