じゃがいもの収穫、少し遅くなってしまいましたが・・・

じゃがいもの収穫、少し遅くなってしまいました。
今年は雨が続き、日照不足で成長が遅い状況でした。

ご覧の通り、じゃがいもの葉は枯れてしまってますが、収穫してみました。

じゃがいもの葉は枯れてます・・
こんなにも干からびてますが・・

今年は種芋を芽を下にして植えた場合と、芽を上えにして植えた場合の現状で
比較していました。

途中経過ではそれぞれの有意な違いは見られませんでしたが、収穫結果はどうでしょうか。

結果は以下です。

じゃがいも芽を上にして植えていた場合
じゃがいも芽を下にして植えていた場合

 

どうでしょうか?
全体的に小ぶりですが、それぞれの差はあまり見られません。

今回は日照不足もあり、少し小ぶりで有意な差がみられませんでしたが、次回またチャレンジしてみたいと思います。

ピーナッツの収穫☆つまみ食いしたのは誰だ?

ピーナッツは茎が少し倒れて葉が黄色くなってきたころが収穫適期です。時期的には10月ごろになります。今回はタイミングが合わず、少し遅めになってしまいました。

ピーナッツ葉の様子

試しに掘ってみると以下の感じです。

試し掘り

ピーナッツの網目もしかっりついています。

収穫に入るのですが、ピーナッツが土の中でどのように育っているのか確認するため、周りの土を取り除いていきました。下の写真のように、地面から1~2㎝のところに実ができています。

ピーナッツは地面でどのように育ってる?

ピーナッツは花が咲いた後、子房柄が地面に伸びて行きささり、その先に実を付けます。子房柄の先が膨らんだのがピーナッツです。

中には以下のように何者かに食べられているものもありました。犯人は誰だ?モグラかと思いましたが、モグラの穴は見当たりません。虫が食べたにしては殻が割れている。後は鳥?そういえば白鷺?らしきものが近くを飛んでいました。近くの池にも姿を見せていた。いずれにしても収穫時期が遅すぎた。。

誰かに食べられたピーナッツ

そんなこともありましたが、収穫は無事できました。

無事収穫できました

収穫したピーナッツは茹でて食べました。

掘りたてのピーナッツを食べられるのは、自家栽培の特権です。(^^♪

 

>Web菜園とは?

スイートコーン収穫しました!

とうもろこし収穫しました。品種は、味来ホワイト(みらいホワイト)です。糖度が高く、甘い白色のスイートコーンです。

トウモロコシの全体はこんな感じです。茂ってます・・・

トウモロコシ茂っている

トウモロコシの穂(雄穂)はこんな感じ。こう見ると稲穂(お米の穂)とよく似ていて、イネ科ということがわかります。トウモロコシは雄花と雌花がひとつの茎で別々につく植物で、これを雌雄異花(しゆういか)というそうです。他にはキュウリやカボチャ、スイカなどがあります。

トウモロコシの穂(雄穂)

雄穂があるなら雌穂はということで、こちらが雌穂になります。

トウモロコシ雌穂

雌穂が茶色くなったら収穫時期です。ちなみに、髭の一本一本がトウモロコシの実につながっています。時間がたっぷりあればそれぞれの数を数えてみてもよいですが、さすがにそんな時間はありません。ご了承ください。(ちなみに、以前どこかのテレビ番組で数えてました。数が一致していました。)

髭が茶色くなり収穫時期

ということで、収穫しました。皮をむくと白い実が出てきました。採れたてということで、生で食べてみましたが、柔らかく、そして甘く、生でも十分食べられます。ラップで包んで電子レンジで3分ほど温めてから食べるのがあつあつでおいしくいただけるようです。(種袋の裏に書いてありました。)

味来ホワイトの実

こちらはヤングコーン、ゆでて食べるとおいしいです。なにも味付けしなくてもそれだけで甘くておいしい。

>Web菜園とは?

 

甘~い大玉スイカ採れました!そして種も採りました。

5月3日に種を蒔きました「甘い大玉!すいか」(品種:新大和)ですが、ようやく収穫できる状態になりました。

種まきの時はこんな感じです。

すいか種まき

それが3か月経つとこうなりました。

育て方は一般的な方法です。水やり、摘心、誘因など。

収穫できる状態

切ってみると、真っ赤な甘い実が詰まっていました。ちなみに、写真下は、7月上旬に採ったものです。収穫が早いとまだ薄いピンクの実の色です。おいしくなさそうですね。

実が詰まってます
こちらは未熟

ちなみに、今回来年に向けて種も採りました。
すいかの種採りはとても簡単で、すいかを食べるときに黒い種を取ります。
白い種はまだ熟していないので対象外です。

その後よく洗い、キッチンペーパーで水分を取ります。
この後日陰で乾燥させ、冷暗所で来年まで保管します。

とても甘くおいしかったので、ぜひ来年また植えてみたいと思います。

>Web菜園とは?