野菜作り、冬にやっておくべきことは?

家庭菜園で冬にやることの一つとして「寒起こし」があります。
かんおこし? 大阪名物粟おこしなら聞いたことあるけどー
という方のために、簡単に説明させていただくと、
単に畑の土を掘り起こすことです。

寒い時期に行うから、その「寒」の字と、土を掘り起こすの「起こす」から
寒起こしと呼ばれているのでしょうか。

では、なぜこんなことをするかですが、2つ目的があります。
1つは、土を寒さにさらして害虫の卵などを死滅させ
これから栽培する野菜の害虫被害を少なくするためです。
もう1つの目的は、土壌改良のためです。
土が寒さで凍結したり、解凍することで土の中に隙間ができ、
団粒構造の野菜作りに適した土壌になります。

具体的なやり方ですが、スコップで畑の土を30~40㎝ほど掘り、ひっくり返していきます。
とても簡単です。ただ、体力は必用です。
ポイントは粗く掘り起こすことです。
土を塊のままにしておくことで、凍結、解凍したときに空気を含んで柔らかくなります。

ではなぜスコップで行うか。
実験として、「スコップ」と「三つ鍬」で行う場合を比較しました。

スコップの場合
スコップの場合
三つ鍬の場合
三つ鍬の場合

結果は見ての通り、三つ鍬だと表面の土が耕されるだけです。
そして土が細かく耕されるため寒起こしのポイントの粗くが実現できていません。
その点スコップだと、粗く、そして深く掘り起こすことができています。
寒起こしはスコップですね!

スコップで深く掘れます
スコップで深く掘れます!

ちなみに寒起こしに似た作業に「天地起こし」があります
違いは掘る深さと目的です。
天地起こしは土を1mくらい深く掘ります。
目的ですが、野菜の連作障害を避けるために、
土を深く掘り表面と地表の土を入れ替えることです。

1m掘るのはなかなか大変。

今回は寒起こしでした。

 

>Web菜園でできることは?